13日 6月 2018
本日は、 「肝臓の調整により呼吸が深くなり、副交感神経を優位にすることで、自律神経症状が安定した症例」 について報告させていただきます。 まずは内臓と呼吸、自律神経のメカニズムについて簡単に説明いたします。
11日 6月 2018
上の図はいわゆるお姉さん座り。 アヒル座り、女の子座りとも言われます。 正式名称は「割座」。 うちの娘もしょっちゅう割座してます。 なんとも女の子らしくキュートなんですが、長時間・長期間においてこの姿勢で座り続けると、あまり良くないみたいですね・・・。...
10日 6月 2018
本日は「寝違えに効果のあったポイント」です。 上の図は代表的な筋膜の1つ 「ディープフロントライン」 です。 下腿から腸腰筋へ繋がり、横隔膜を介して首の方まで繋がっている筋膜です。 痛い部位に触れられたくない方だったため、下腿前面(前脛骨筋)からのアプローチにて効果があった症例です。
10日 6月 2018
上の女性は気持ち良さそうに、手を挙げて伸びをしていますね! 無意識のうちに腕を上げる時は、 上の女性の場合だと、 肩関節は「屈曲・外転・外旋」 を取りやすいようです。 このように、人間には身体を動かしやすいパターンというのがあるようです。 PNFという治療手技を例にとると、 上肢パターンでは大きく4つありまして、 屈曲-外転-外旋 伸展-内転-内旋...
09日 6月 2018
本日は 「その股関節痛は下腿三頭筋(ふくらはぎ)」から!? というお話です。 以前の記事にて、足(もも)を高く上げて歩くと、腸腰筋が緊張して、腰椎の前弯が強くなって腰痛になりますよ〜 って内容を書きました。 では足を高くして歩いてしまう原因としては何が挙げられるでしょうか? ズバリ「下腿三頭筋」がその1つです。...
07日 6月 2018
腰を捻ると壊れます。なぜなら捻るのに適した構造をしていないからです。 上の図を見てわかる通り、腰椎の回旋は左右にわずか5度。 そして、腰椎は伸展するのも比較的苦手なようです。 胸椎はその分、回旋や伸展は比較的得意なようで、腰椎が苦手な動きをカバーしているのです。...
06日 6月 2018
アウル整体院の田中伊知郎先生が非常にためになる話をして下さったので、シェアしたいと思います。 「操体法では、60点でよしとする」、という話題から。 聞いたことがある人も多いと思います。 今日は、操体法創始者の橋本敬三先生のお話しを参考にしてみたいと思います。 橋本敬三先生は、薬についてこんなことをおっしゃっています。...
05日 6月 2018
さて本日は、 腰痛治療では頭蓋骨を診よ! というお話。 結論から言うと、腰痛の方は頭蓋骨がとても硬く、動いていません。 前回の記事でもお伝えした通り、正常な身体では頭蓋骨〜脊柱〜仙骨は、大変微細な動きではありますが、自動的に一定のリズムで動いております。...
03日 6月 2018
まず「自律神経」とは何か、についてです。 なんとなくは知っていても、きちんと説明できる人は少ないんじゃないでしょうか?? ざっくり言うと、「自分の意思とは無関係に、身体の活動状況に応じてバランスを取りながら、自動的に働く神経」 と言うことです。 上の解剖図をご覧ください。 主に脊髄から各器官や臓器に分布します。...
31日 5月 2018
近頃、ご高齢の方中心に、健康のためウォーキングしている姿をチラホラ見かけます。 朝早くから頑張ってるなー 僕も頑張ろう!そんな清々しい気持ちにさせられますね。 そんな中、ウォーキングしている人で時折気になるのが、もも上げのように明日を高く上げながら歩いている方です。...

さらに表示する