猫背の改善ポイント

今回は猫背の改善ポイントについてお伝えしたいと思います。

いわゆる典型的な猫背とは、骨盤が後ろに倒れ、背骨が後ろに反り、バランスを取るために頚部が前方に突出している状態です。

現代人はこのような姿勢を取りやすいです。

ある統計では一日の90パーセントを、背中を丸めた姿勢で過ごしていると言われます。
オフィスにはパソコンが並べられ、電車やバスでは顔を下に突き出してスマホを見てるのですから、仕方ないかもしれませんね。

身体が丸まると、大胸筋を中心に身体の前面に付いている筋肉が短くなり、肩甲骨を外側に偏移させ、ますます身体を反らしにくくします。

そのためまずは大胸筋が付着している鎖骨や胸骨のトリガーポイントを探していきます。
トリガーポイントへのアプローチにより上手く大胸筋を緩められれば、肩甲骨を動かしやすくなります。菱形筋などを促通させ、肩甲骨を内側に引き寄せるエクササイズを行います。

仕上げは後ろに倒れている骨盤を起こし、背骨の位置関係を修正できれば効果的です。

何かの参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。